ニュース?立博体育平台_立博体育官网-登录注册
Topics

バイオマスバーニング(火災)が大気環境へ及ぼす影響の大きさを確認―エアロゾルデータを用いて気候変動への影響を評価―

掲載日:2023/01/23

 立博体育平台_立博体育官网-登录注册大学院融合理工学府博士前期課程2年生の大野健氏と環境リモートセンシング研究センター (CEReS)の入江仁士教授らの研究グループは、バイオマスバーニングと人為起源エアロゾルの両方の影響を受けるユニークな地域であるインドシナ半島に着目し、最先端の再解析データMERRA-2を活用することで、近年の中国南部の大気質改善がインドシナ半島の大気質改善に寄与していることを明らかにしました。再解析データは、数値モデルに観測を同化することで均質なデータを提供します。バイオマスバーニングが大気環境へ及ぼす影響は、人為起源エアロゾルよりも相対的に強まることから、今後より一層重要となることが示唆されました。
また、MERRA-2を活用するにあたって、CEReSが中核となって展開する国際観測網SKYNETのデータによる精度検証を試みたところ、MERRA-2はバイオマスバーニング起源のエアロゾルを過小評価していることがわかりました。この研究成果は、同様の特徴を持つ地域での再解析エアロゾルデータの再現性向上に役立つことが期待されます。
 本研究成果は、2022年11月12日に日本地球惑星科学連合(JpGU)の英文電子ジャーナルProgress in Earth and Planetary Science(PEPS)に掲載されました。

biomass_HP01.png

インドシナ半島における大気のイメージ。中央の機器は地上観測装置。白や黒の粒子はエアロゾルを示す。

プレスリリース本文はこちら